Aimless

Azure Stackのユーザサブスクリプションを無効にする

azurestack

はじめに

Azureのクレジット型サブスクリプションでクレジットを使い果たすと、サブスクリプションが”Disabled”になります。Virtual Machineが停止して、新規リソースが作れなくなります。

Azure Stackでも同じことができます。お金を払わないユーザが利用するサブスクリプションを無効にして、限られたリソースを有効活用しましょう。

環境

  • Azure Stack:ASDK 1.1807.0.76
  • PowerShell: Azure Stack Admin 1.4.0

ユーザサブスクリプションを無効化する

ユーザサブスクリプションの無効化はAzure Stack Operatorの作業です。具体的には、”Set-AzsUserSubscription”を利用してユーザサブスクリプションの”State”を”Disabled”にします。

Set-AzsUserSubscription -SubscriptionId 5264c1c3-e6eb-4301-bee4-245aaea17832 -State Disabled

すると、adminportal上のユーザサブスクリプションの表示が”Disabled”に変わります。

ユーザサブスクリプションが無効化されると?

Azure Stack Operatorがユーザサブスクリプションを”Disabled”にした場合、Azureと同様、サブスクリプションが読み取り専用になります。

Azureと同様、サブスクリプションの表示は”Disabled”になります。

Virtual Machineのステータスが”Failed”になり、アクセスできなくなります。

Hyper-Vで該当のVirtual Machineの状況を確認すると、Stateが”OFF”になっています。

Disabledなサブスクリプションを利用してリソースを作ろうとすると、エラーになります。

ユーザサブスクリプションを有効化化する

ユーザがお金を払ってくれるようになったら、無効化を解除する必要があります。”Set-AzsUserSubscription”を利用してユーザサブスクリプションの”State”を”Enabled”にします。

Set-AzsUserSubscription -SubscriptionId 5264c1c3-e6eb-4301-bee4-245aaea17832 -State Enabled

29 Aug 2018