Aimless

Azure Virtual WAN を使って IPSec VPN を簡単に構築する

azure

はじめに

本エントリでは Virtual WAN の目玉機能である自動接続に対応したアプライアンスを利用して、ハブアンドスポーク型の IPsec VPN を構築します。

対応アプライアンス

Virtual WAN への自動接続に対応しているアプライアンスは次の通りです。

引用:Building branch connectivity to the cloud using Azure Virtual WAN - BRK2425

本エントリでは Barracuda を利用します。ただし我が家には Barracuda がないので、Azure 上の Barracuda CloudGen Firewall for Azure を利用します。

Virtual WAN の準備

Virtual WAN そのものと接続先となる Hub を作ります。自動接続に対応していない FortiGate の場合、 FortiGate を Azure Virtual WAN に接続するのとおり、FortiGate を VPN Site として手動で登録しました。自動接続に対応するデバイスの場合、VPN Site を手動で登録する必要はありません。デバイスが自分で自分自身をVPN Site として登録するためです。また、デバイスが自分自身を VPN Site として登録するために必要となるサービスプリンシパルを用意します。

Barracuda の設定

Hub と サービスプリンシパルの用意が完了したら、Barracuda を設定します。

参考:How to Configure Automatic Connectivity to Azure Virtual WAN

Virtual WAN への自動接続は、CloudGen Firewall 7.2.2 hotfix-886 以降でサポートされています。Marketplace からデプロイした Bararacuda の場合は、 Hotfix を適用する必要があります。

Virtual WAN をサポートするバージョンであれば、GUI に Virtual WANの設定項目があります。

必要なパラメータは次の通りです。

  • サービスプリンシパルを利用するための認証情報一式
  • Barracuda をt登録したい Virtual WAN の名前

入力を終えると、Barracuda は自分自身を VPN Site として Virtual WAN に登録します。そして、自分が Hub と紐づけられるのを待ちます。

2018-10-18 11:49:54,891 - Starting Process of creating site: 'Bara_1119222' on VWAN: '1017'
2018-10-18 11:50:00,789 - Site creation complete for Bara_1119222. Please now associate the site with your chosen region on Azure.
2018-10-18 11:50:01,004 - Polling for site configuration data (available once site is associated with hub).
2018-10-18 11:50:01,004 - VWAN: '1017', Site name: 'Bara_1119222'
2018-10-18 11:50:01,149 - No available Blob Storage, creating one.

Azure Portal 上では、自動登録された Barracuda が VPN Site として表示されます。

登録された VPN Site を手動で Hub と関連付けします。手動で関連付けしなきゃいけないの残念ポイントです。VPN Site としての登録だけでなく、Hub との関連付けまで自動でやってほしい。

VPN Site と Hub との関連付けが終わると、Barracuda は自分が関連付けられた Hub を特定して、コンフィグファイルをダウンロードします。そして、ダウンロードした情報を利用して、自身に Azure Virtuwal WAN の設定をインストールします。

2018-10-18 11:54:29,430 - VWAN: '1017', Site name: 'Bara_1119222'
2018-10-18 11:54:29,538 - Using Blob Storage account 'vwanconfig20181018115001' for site configuration download.
2018-10-18 11:54:42,346 - Site configuration data not yet available, retry in 30 seconds
2018-10-18 11:55:12,377 - Polling for site configuration data (available once site is associated with hub).
2018-10-18 11:55:12,377 - VWAN: '1017', Site name: 'Bara_1119222'
2018-10-18 11:55:12,453 - Using Blob Storage account 'vwanconfig20181018115001' for site configuration download.
2018-10-18 11:55:25,323 - Site configuration data successfully collected. Configuring firewall
2018-10-18 11:55:31,223 - Firewall Azure VWAN Configuration complete.

動作確認

Barracuda 自身による設定のインストールが完了すると、Hub とのVPN トンネルが2本張られて、他拠点の経路を BGP で受信します。いい感じですね。

終わりに

Barracuda を利用して、Azure Virtual WAN への自動接続を試しました。数クリックで Active/Active な IPsec VPN と BGP の設定が完了しました。実に気軽です。

Virtual WAN への自動接続機能は、ベンダによって実装が違います。今回試した Barracuda だと VPN Site の登録は自動ですが、Hub との関連付けが手動です。How to Configure Automatic Connectivity to Azure Virtual WANのデモ動画によると、Check Point は、装置自身が Hub との関連付けまで自動的に実施するようです。この方式であれば現地で装置を操作している作業員だけで IPsec VPN の構築が完了します。Palo Altoは、Palo Alto Networks Azure Virtual WAN Toolkitと呼ばれる Python スクリプトを利用して、管理者が外部から設定を投入する方式のようです。各社で違いがあることがわかると、Azure Virtual WAN への自動接続をサポートするベンダの機器をそろえて、各社の実装の違いを比較しつつマルチベンダな IPsec VPN を構築したくなりますね。

25 Oct 2018