Aimless

Azure Stack 1809 update

azurestack

はじめに

Azure Stack 1809 update がリリースされました。本エントリーでは 1809 update で実装された主要な機能をまとめます。

参考:Azure Stack 1809 update

16台構成のサポート

Microsoft Ignite 2018 でアナウンスされた16台構成が正式にサポートされました。今後は1つの Scale unit を最大16台まで拡張できるようになります。16台構成のサポートを最も早く名言したのは、Azure Stack PM である Vijay Tewari の Twitter でした。ドキュメントよりも先に Twitter で情報が公開されました。実に今っぽい。

参考:Updated for 16 nodes · MicrosoftDocs/azure-docs@c455a84

Syslog client

1807 update でプレビューになった Syslog Client が GA しました。Azure Stack のインフラ部分で取得されている監査とアラート、セキュリティに関するログを Syslog サーバに送信できるようになりました。主なユースケースは、ログの外部保管とSIEM連携です。

参考:Azure Stack datacenter integration - syslog forwarding

Syslog の送信方法は次の4種類です。

  1. TCP を用いて Syslog を送信。通信内容を TLS 1.2 で暗号化。クライアントとサーバがともに相手を証明書で検証
  2. TCP を用いて Syslog を送信。通信内容を TLS 1.2 で暗号化。クライアントがサーバを証明書で検証
  3. TCP を用いて Syslog を送信。通信内容を TLS 1.2 で暗号化
  4. UDP を用いて Syslog を送信

ASDK 1809 を利用して「3. TCP を用いて Syslog を送信。通信内容を TLS 1.2 で暗号化」を試したのですが、正しくSyslogが飛んでいない様に見えました。PowerShell のコードそのものが Syslog server に届く状態は、正しくないと信じたい。

おわりに

1809 update で実装された2つの主要機能をまとめました。16台構成が GA したので、1つの Scale unit を拡張する流れは一区切りだと思います。今後は、Azure Stack の1リージョンを複数のラックで構成する Multi scale unit や Azure Stack を複数リージョンで構成する Multi region が待っています。リリースを気長に待ちます。

27 Oct 2018