Aimless

Azure Stack をサイジングする

azurestack

はじめに

本エントリーはMicrosoft Azure Stack Advent Calendar 2018の5日目です。

本日のエントリでは、Azure Stack のサイジング方法について説明します。

仕組みが使うリソース

Azure Stack の利用者は、Azure Stack を構成する Host Node のリソースの全てを利用できません。Host Node 上に、Azure Stack という仕組みを成立させるための Virtual Machine が動作するためです。

これらの Virtual Machine を Infrastructure Role Instance と呼びます。Infrastructure Role Instance の一覧は次の通りです。

名前 役割
Azs-ACS01、Azs-ACS02、Azs-ACS03 Azure Stack ストレージサービス
Azs-ADFS01、Azs-ADFS02 Active Directory Federation Services
Azs-CA01 内部で利用される認証機関
Azs-DC01、Azs-DC02 内部で利用される Active Directory、NTP、DHCP
Azs-ERCS01、Azs-ERCS02、Azs-ERCS03 Emergency Recovery Console
Azs-NC01、Azs-NC02、Azs-NC03 ネットワークコントローラ
Azs-Gwy01、Azs-Gwy02 テナントで利用される VPN サービス
Azs-PXE01 Host Node のための PXE サーバ
Azs-SLB01、Azs-SLB02 SLB MUX
Azs-Sql01、Azs-Sql02 内部のデータストア
Azs-WAS01、Azs-WAS02 ポータルと ARM(管理者向け)
Azs-WASP01、Azs-WASP02 ポータルと ARM(利用者向け)
Azs-Xrp01、Azs-Xrp02、Azs-Xrp03 各種リソースプロバイダ

参考:仮想マシンのロール

これらの Infrastructure Role Instance は、合計で124 vCPU、208 GB のリソースを利用します。また、PaaS をインストールすると、PaaS の仕組みを動作させるための Virtual Machine が動作します。これらの Virtual Machine も Host Node のリソースを利用します。その分だけ、利用者の使えるリソースが減ります。

計算ツール

上記以外にも、Host Node としての機能を動作させるためのリソースや、可用性のための余剰を考慮する必要があります。考慮すべき事項は、Microsoft のガイダンスは次の URL に記載されています。

参考:

すべての考慮事項を踏まえたうえで、利用者として必要なリソースが動く Azure Stack を選定するのはしんどいです。「そんなこともあろうかと」ということで、Microsoft は、Azure Stack Capacity Planner という 便利 Excel をリリースしています。この便利 Excel に次の情報を入力すると、Excel が考慮事項を考慮したうえでお勧めスペックを表示してくれます。ただしあくまでも参考です。

  • 購入予定の Integrated systems のスペック
  • 動かしたい Virtual Machine の種類と台数

なお、この Excel では vCPU と物理コアの比率が 4:1に置かれています。ゆとりをもった収容率にしたい方は、2:1にするとよいでしょう。

まとめ

本エントリでは、Azure Stack をサイジングする方法をお話ししました。実際に購入する際は、Azure Stack Capacity Planner を参考にしつつ、OEM ベンダ様に相談しながらベストな構成を選びましょう。

5 Dec 2018