Logic Apps を利用して JSON でメールを送る
azure
Published: 2019-02-05

はじめに

運用で利用するスクリプトに確認結果をメール通知する処理を書いている際に、「JSON を投げつけたらメールが飛んでくれる何かがあったら超便利なのになぁ」と閃きました。メールを送るためのライブラリを探したり、メールを送る処理の書き方を Google に聞いたりするのがめんどくさかったが故の閃きです。

いろいろ考えた結果、Loggic Apps を使って実装できることが分かったので作ってみました。

全体像

小難しいことはしません。WebHook トリガで JSON を受け取って、受け取った内容を SNMP アクションでメールサーバに渡します。

Logic app designerの画面

WebHook トリガの実装

件名と本文、送信元アドレス、宛先アドレスを含む JSON を受け取れるようにします。

WebHook トリガの画面

HTTP POST URL に記載されている URL が、JSON を投げつける先です。Request Body JSON Schema は次のようになります。

{
    "properties": {
        "from": {
            "type": "string"
        },
        "msg": {
            "type": "string"
        },
        "subject": {
            "type": "string"
        },
        "to": {
            "type": "string"
        }
    },
    "type": "object"
}

SNMP アクションの実装

まずは利用するメールサーバを SNMP アクションに追加します。今回は SendGrid の SMTP サーバを利用します。

メールサーバの画面

そして、SNMP アクションの各項目に、WebHook トリガが受け取った内容を当てはめていきます。

SNMP コネクタの画面

動作確認

WebHook トリガ の FQDN に対して、Request Body JSON Schema のJSON を投げつけます。次の PowerShell を実行すると、JSON の to に入っているメールアドレスにメールが届きます。簡単。

$food = "ごはん"
$msg = @"
ご担当者様

$food を食べませんか。

以上
"@

$body = ConvertTo-Json(@{
    msg = $msg
    subject = "sub"
    to = "kongou_ae@aimless.jp;kongou_ae2@aimless.jp"
    from = "logicapps@aimless.jp"
})

$url = "https://prod-07.japaneast.logic.azure.com:443/workflows/xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx/triggers/manual/paths/invoke?api-version=2016-10-01&sp=%2Ftriggers%2Fmanual%2Frun&sv=1.0&sig=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"
Invoke-RestMethod -Method POST -Uri $url -Body $body -ContentType "application/json;charset=utf-8"

Gmail の受信画面