Aimless

Ansible で Azure IaaS VM backup を有効化する

azure ansible

はじめに

Ansible で Azure の Virtual Machine に対して IaaS VM Backup を有効化するのに苦戦したのでメモ。

モジュールが対応していない?

Azure IaaS VM backup は、Recovery Service Vault によって提供されます。しかし、Azure モジュールには、Recovery Serivce Vault が存在しません。Azure preview モジュールにも Recovery Serivce Vault が存在しません。困りました。

azure_rm_deployment を使う

Azure モジュールは、azure_rm_deployment で ARM テンプレートによるデプロイをサポートしています。Azure モジュールが Recovery Serivce Vault を抽象化してくれないので、ARM テンプレートを使って IaaS VM Backup を有効化します。

Playbook のサンプルは次の通りです。対象の Virtual Machine に対して、夜8時にバックアップを取得して三世代保管するバックアップポリシーを適用します。

  - name: Create Recovery servive vault and policy
    azure_rm_deployment:
      state: present
      resource_group: myResourceGroup
      location: eastus
      template_link: 'https://gist.githubusercontent.com/kongou-ae/c72aa929242c98d1016fa42c1ab0e608/raw/5d74c950cc2265738dee258c8108de09c548977c/createvault.json'
      parameters:
        vaultName:
          value: vaulttest
        policyName:
          value: daily-0300
        scheduleRunTimes:
          value: 
            - "2019-02-08T20:00:00+00:00"
        timeZone:
          value: "Tokyo Standard Time"
        dailyRetentionDurationCount:
          value: 3
  - name: Enable VM Backup
    azure_rm_deployment:
      state: present
      resource_group: myResourceGroup
      location: eastus
      template_link: 'https://gist.githubusercontent.com/kongou-ae/447e0f82bfaf31720f48d35c9ecfdb8b/raw/c792b34b306e6fba2b335d6e19c5c01991c6ce19/enablevmbackup.json'
      parameters:
        existingVirtualMachinesResourceGroup:
          value: myResourceGroup
        existingVirtualMachines:
          value: 
            - myVM
        existingRecoveryServicesVault:
          value: vaulttest
        existingBackupPolicy:
          value: daily-0300

azure_rm_deployment では、サーバ上のテンプレートを参照できません。上記のように template_link を利用して Web サーバ上のテンプレートを参照するか、 template を利用して Playbook の中に ARM テンプレートの内容を直接記載する必要があります。直接記載するサンプルは、 Ansible の公式ドキュメントに記載されています。

参考:azure_rm_deployment - Create or destroy Azure Resource Manager template deployments

気になったこと

時刻を UTC で指定したほうがよい

scheduleRunTimes で指定するバックアップの開始時間は、UTC タイムゾーン付きの表記が良いようです。気を利かせて +09:00 にすると、UTC に変換された時間が設定されてしまいます。

20:00:00+09:00 のタイムゾーン表記を設定した場合、バックアップのポリシーに設定される時間は9時間引かれた11時になります。

scheduleRunTimes:
  value: 
    - "2019-02-08T20:00:00+09:00"

JST タイムゾーンで設定した場合のポリシー

20:00:00+00:00 のタイムゾーン表記を設定した場合、バックアップのポリシーに設定される時間は20時になります。

scheduleRunTimes:
  value: 
    - "2019-02-08T20:00:00+00:00"

UTC タイムゾーンで設定した場合のポリシー

毎回 Change になってしまう

同じ Playbook を複数回実行すると、azure_rm_deployment の部分が必ず Change になります。実際にログを見ると、Virtual Machine のバックアップ設定が毎回実施されています。「 ARM テンプレートは、存在しており設定が変更されないリソースに対して何の操作もしない」という認識なのですが、何故だろう。

Ansible の出力

バックアップジョブの表示

まとめ

Ansible で IaaS VM backup を有効化する方法をまとめました。毎回 change になるという不思議な動きをしますが、初期構築では十分に使える方法だと思います。

8 Feb 2019