Azure Stack Integrated systems 上の Virtual Machine を Azure のサービスで運用する
azurestack azure
Published: 2019-04-14

はじめに

Azure Stack Integrated systems 上の Virtual Machine を Azure の運用管理サービスで運用管理してみます。対象のサービスは次の通りです。

  • Log Analytics
  • Azure Monitor
  • Azure Monitor for VMs
  • Update Management
  • Security Center

2019年4月現在の Azure Stack Integrated systems にはこれらの運用管理サービスが存在しません。正確に言うと Azure Monitor は存在しますが、サポートするメトリクスが少ない、アラート機能がないなど、その機能は Azure の Azure Monitor に遠く及びません。Azure が提供する運用管理サービスを利用するならば、Azure 一択です。

したがって、本エントリーは Azure Stack Integrated systems 固有の話よりも Azure の運用管理サービスの話が多めです。あらかじめご了承ください。また、これらの運用管理サービスはハイブリッドをうたっています。そのため、Azure Stack Integrated systems 以外の環境に存在する仮想マシン・物理マシンであっても利用可能です。

環境

Azure 側の用意

まずはじめに、運用管理に利用する Azure のサービスを用意します。プレビュー中の Azure Monitor for VMs が利用できるリージョンを利用すると良いでしょう。必要な作業は次の通りです。

  1. Log Analytics Workspace を作る
  2. Log Analytics Workspace でパフォーマンスカウンタの収集を有効にする
  3. Automation Account を作る
  4. Log Analytics と Automation Account をリンクする
  5. Update Management を有効化する

拡張機能のダウンロード

Azure Stack Integrated systems 上の Virtual Machine を Azure の運用管理サービスに接続するためには、Azure Stack Integrated systems 上の Marketplace で公開されている次の拡張機能が必要です。これらの拡張機能を管理者側でマーケットプレイスにダウンロードします。

  • Azure Monitor, Update and Configuration Management
  • Azure Monitor Dependency Agent

必要な拡張機能

拡張機能のインストール

Azure で運用管理したい Virtual Machine に次の拡張機能をインストールします。

  • Azure Monitor, Update and Configuration Management
  • Azure Monitor Dependency Agent

Azure Monitor, Update and Configuration Management をインストールする際に Workspace の ID と Key の入力を求められますので、最初に作成した Log Analytics Workspace の情報を入力します。

設定画面

拡張機能のインストールが成功すると、Virtual Machine に Monitoring agent がインストールされます。OS にログインしなくても、エージェントのインストールと Log Analytics Workspace への接続が完了します。簡単。

設定画面

Log Analytics

しばらく待つと、Log Analytics で Azure Stack Integrated systems 上の Virtual Machine が送信したパフォーマンスカウンタを確認できます。Kusto を駆使することで、メトリクスを検索・可視化できます。

CPU 使用率のグラフ

Azure Monitor

また、Azure Monitor を利用すると、Log Analytics のログに対する検索結果をもとにアラートを設定できます。アラートを利用すれば、Azure Stack Integrated systems 上の Virtual Machine のメトリクスが閾値を超えたら管理者にメールを送るといったことが可能です。

Azure Monitor for VMs

メトリクスを可視化するために Kusto を考えるのは少々大変です。もう少し気軽にメトリクスを可視化したい場合は、Azure Monitor for VMs を利用するとよいです。標準の機能で CPU 使用率とメモリ使用量、Disk 使用率、トラフィック量を可視化できます。

Azure Monitor for VMs その1

Azure Monitor for VMs その2

Update Management

Update Management が有効化された Automation Account と Log Analytics が接続しているので、Virtual Machine は Log Analytics に接続した時点で Update Management に認識されます。あとは、Automation Account で Azure Stack Integrated systems 上の Virtual Machine を 管理対象に追加すればよいです。

Update Management に認識された VM

管理対象になった VM

管理対象にしてしまえば、後続の操作は Azure の Virtual Machine と同じです。Deployment schedules を設定して、自動更新を有効にしましょう。

Update Management に認識された VM

Securiry Center

Log Analytics に接続した Virtual Machine は自動的に Security Group の対象になります。Secutiry Center は Azure ではないマシンを紫色のアイコンで表示します。しかし、Azure と一貫性のある Azure Stack Integrated systems 上の Virtual Machine は Azure の Virtual Machine と同じアイコンで表示されます。ちょっとした心遣いですね。

Security Center 上の表示

今回の Virtual Machine は、”Remediate vulnerabilities in security configuration on your machines” という推奨事項に該当しました。これは、Microsoft の推奨する OS のセキュリティ設定との差異をチェックしてくれるものです。Secutiry Center が Azure Stack Integrated systems 上の Virtual Machine もチェックしてくれていることが分かります。

Security Center 上の表示

まとめ

Azure Stack Integrated systems 上の Virtual Machine を Azure の運用管理サービスで運用管理してみました。Azure Stack Integrated systems の利用者は、拡張機能を利用することで Azure 上の Virtual Machine を Azure 上の運用管理サービスに簡単に接続できます。これらの運用管理サービスを利用して、Azure と Azure Stack Integrated systems というハイブリッドクラウドに存在する Virtual Machine を一貫性のある仕組みで運用管理しましょう。