Aimless

PrometheusでAmazon Linuxのメトリクスを収集する

Server

Amazon LinuxでPrometheusを動かしてみたで動いたPrometheusを利用して、サーバのメトリクスを収集します。今回はPrometheusが稼働しているAmazon Linuxのメトリクスを収集します。

node_exporterを稼働させる

 メトリクスを収集したいサーバでnode_exporterというバイナリを起動します。

yum install git hg gcc golang
git clone https://github.com/prometheus/node_exporter.git
make
./node_exporter &

 node_exporterは、Prometheusサーバが読み取れるデータを生成し9100ポートで公開してくれます。

[ec2-user@ip-10-175-10-126 ~]$  wget http://localhost:9100/metrics
[ec2-user@ip-10-175-10-126 ~]$ more metrics 
# HELP go_gc_duration_seconds A summary of the GC invocation durations.
# TYPE go_gc_duration_seconds summary
go_gc_duration_seconds{quantile="0"} 8.5685e-05
go_gc_duration_seconds{quantile="0.25"} 0.0006615610000000001
go_gc_duration_seconds{quantile="0.5"} 0.00068378
go_gc_duration_seconds{quantile="0.75"} 0.000708493
go_gc_duration_seconds{quantile="1"} 0.017944932
go_gc_duration_seconds_sum 0.155032352
go_gc_duration_seconds_count 205

 なお、node_exporterはWindowsをサポートしないようです。(Windows support

 node_exporterと同じように、定期的に自サーバのメトリクスを取得し、ファイルに書き込み、httpで公開できる仕組みを作れば、windowsでもメトリクスを収集できる気がします。

Prometheusにnodeを登録する

 Prometheusサーバに、node_exporterが生成するデータを登録します。

[ec2-user@ip-10-175-10-126 ~]$ cat prometheus.conf  
(中略)
job: {
  name: "node"
  scrape_interval: "5s"
  target_group: {
    target: "http://localhost:9100/metrics"
  }
}

Prometheusでメトリクスを確認する

 Prometheusサーバを再起動すると、コンソールにNodeが追加され、メトリクスを収集している対象の一覧が表示されます。

primetheus_node_summary

 対象のノードをクリックすると、CPUとメモリ、ディスクのグラフが描画されています。

prometheus_node_detail

 Graphタブを利用することで、取得したメトリクスのグラフを描画することが可能です。データの抽出はQUERY LANGUAGEを利用する必要があります。

prometheus_node_metric_graph

10 May 2015