Aimless

Cisco892Jを15.2(3)Tにアップデートした

cisco IHANet network

IOS15.2のリリースノートを見ていたら、「BGP Route Server」や「LISP Virtualization」、「mGRE Tunnel Support over IPv6」などなど面白そうな機能が追加されていたので、15.1(4)XB7から最新の15.2(3)Tにアップデートしました。自宅ルータだからこそEarly Deployment (ED) を積極的に採用します。

 CiscoのサイトからIOSをダウンロードして、TFTPでPCからフラッシュにコピーします。そういえば、エンタイトルメントの強化によって、アカウントに紐づくサポート対象の機器に関するIOSしかダウンロードできなくなっていました。試しに1812JのIOSをダウンロードしようとしたら怒られました。

Router#copy tftp: flash:
Address or name of remote host []? 192.168.1.20
Source filename []? c890-universalk9-mz.152-3.T.bin
Destination filename [c890-universalk9-mz.152-3.T.bin]? 
Accessing tftp://192.168.1.20/c890-universalk9-mz.152-3.T.bin...
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[OK - 45161124 bytes]

45161124 bytes copied in 292.368 secs (154467 bytes/sec)

 boot systemコマンドで新しいIOSを設定してリロードします。

Router(config)#no boot system flash c890-universalk9-mz.151-4.XB7.bin
Router(config)#boot system flash  c890-universalk9-mz.152-3.T.bin
Router#reload 
Proceed with reload? [confirm]

 IOSのバージョンが上がったことを確認します。ルートサーバのコマンドも追加されています。

Router#show version 
Cisco IOS Software, C890 Software (C890-UNIVERSALK9-M), Version 15.2(3)T, RELEASE SOFTWARE (fc1)

Router(config-router-af)#          neighbor 2001:470:24:xxx::xxx route-server-client
Router(config-router)#route-server-context ?
  WORD  Name of route server context 

 Ciscoルータで接続できるL2VPNを作って、そこにIHAnetのルートサーバを建てたいですね。

6 Apr 2012