Azure

はじめに Azure Lighthouse が発表されました。自分のリソースの管理を他の AAD に委任できるサービスです。リリースのアナウンスでは MSP がサービス提供するシナリオが強
サマリ Oracle Cloud を使えば、Express Route Private Peering を安価に試せる 安価な仮想オンプレとして Oracle Cloud を利用できる Oracle Cloud を利用して複数の Express Route Private Peering を用意すれば、Ex
サマリ Azure Firewall の Inbound DNAT は 同時に SNAT もする Active/Active な Azure Firewall で非対称ルーティングを避けるためには仕方ない Active/Active であり続ける限り、回避策はない Inbound の SNAT が嫌な場合は、Ac
VNet Peering で Hub&Spoke 構成を組んだ場合に、VPG Gateway がどこまで先のアドレスを広報してくれるかを実際に試したのでメモ サマリ VNet Peering を利用した Hub&Spoke 構成の場合、VPN Gateway
単なるメモなのでさらっと。 サマリ Network Security Group の Virtual Network という Service tag には、UDR で設定したアドレスプレフィックスが自動的に追加される UDR と NSG の設定によっては
はじめに Private Preview であった Azure Image Builder が Public Preview になりました。いわゆる「ゴールデンイメージ」の運用が簡単になるサービスです。Azure のサービスと連携する Packer
Microsoft MVP を受賞しました。初受賞です。当ブログにアクセスいただいている方々、日頃からお世話になっている方々に改めて御礼申し上げます。 Microsoft MVP を受賞しま
はじめに Azure Stack 上で利用できる Azure のサービスは、Azure と一貫性がありますが違いもあります。主要な違いと考慮事項は次の URL にまとまっています。ただ
はじめに Azure Stack Integrated systems 上の Virtual Machine を Azure の運用管理サービスで運用管理してみます。対象のサービスは次の通りです。 Log Analytics Azure Monitor Azure Monitor for VMs Update Management Security Center 2019年4月現在
はじめに PaloAlto が 9.0 で Azure での Active/Passive 方式の冗長化をサポートしました。実装は仮想マシンのIPアドレスを付け替える方式です。 参考:Set up Active/Passive HA on Azure Active/Passive 方式で冗