Azurestack

はじめに Azure Stack Development Kit を独自ドメインでデプロイするために公的なサーバ証明書が必要だったので、Let’s Encrypt と Azure DNS を使って作りました。Az
はじめに Azure Stack 1902 Update が公開されました。気になった個所をまとめます。 AzS Update - 1.1902.0.69 was released. #AzureStackJP — こんごー (@kongou_ae) 2019年3月6日 参考:Azure Stack 1902 update 新機能 1902 Update で
はじめに 本エントリは、App Service on Azure Stack の3本目です。 App Service on Azure Stack(サーバ証明書編) App Service on Azure Stack(ファイルサーバとSQLサーバの用意
はじめに Azure CAT の @_marcvaneijk がリリースした Azure/azurestack-uptime-monitor を試しました。 Azure Stack Uptime Monitor とは Azure Stack Uptime Monitor とは、Azure Stack の ポータルと API エンドポイント の可用性を計測、可視化するソ
Introduction I tried creating a virtual machine with Ansible to Azure Stack. In conclusion, I was able to create a virtual machine with Ansible 2.4 and service principle. My environment ASDK 1901 @physical container Ubuntu 18.04 Ansible 2.7.7 At first, I used Ansible 2.7.7 which pip installed to my machine. Then, the following error about creating virtual network occurred. "msg": "Error creating or updating virtual network myVnet - Azure Error: NoRegisteredProviderFound\nMessage: No registered resource provider found for location 'local' and API version '2017-11-01' for type 'virtualNetworks'.
はじめに 「Azure と一貫性をのある API を持つ Azure Stack なら、Ansible を使って Virtual Machine を作れるはずだ」ということで、ASDK を利用して実際に試して
はじめに Ansible で Azure Stack を操作する デモ をやるために、Azure CLI による認証を試したのでメモ。 参考:Use API version profiles with Azure CLI in Azure Stack 環境 ASDK 1901 @物理コンテナ 手順
はじめに Azure Stack 1901 Update がリリースされました。気になった箇所をまとめます。1901 Updateからは、新機能満載というよりも堅実な不具合修正という印
Azure Stack 1901 Update で、Azure Stack Infrascture backup を設定する際に CER フォーマットの証明書(=公開鍵のみ)が必要になりました。New-AzsEncryptionKey
Azure では、各サービスごとに 稼働率の SLA が定められています。例えば仮想マシンの場合、マイクロソフトは、99.9%以上の時間においてプレミアムストレ