Aimless

WebブラウザにおけるDNSプリフェッチの動作

https://aimless.jp/blog/archives/1951/ 2014-05-23
きっかけ DNSプリフェッチをHTML側で大量に書いておくと、DNSサーバー側にアクセス不能攻撃が出来るBINDの脆弱性とかあったな。 / “DN

ネットワーク機器におけるソースポートランダマイゼーションの実装状況

https://aimless.jp/blog/archives/1923/ 2014-05-10
キャッシュポイズニングに関するJPRSのアナウンスを踏まえて、ネットワーク機器のNAT機能の実装を調べました。 ファイアーウォールやルーターな

送信元アドレス検証について調べた

https://aimless.jp/blog/archives/1902/ 2014-05-04
上司と同僚に送信元アドレス検証の必要性を説明するための下調べです。 送信元アドレス検証とは 非トランジットASな弊社においては、インターネット接

FortiGateのAV/IPS定義ファイル更新

https://aimless.jp/blog/archives/1879/ 2014-05-02
メモ。 定義ファイルの更新を確認する方法 1.イベントログ FortiGate® Log Message Referenceより。41000(成功)はよく見るけど、42

実機でonePKを使う

https://aimless.jp/blog/archives/1863/ 2014-04-08
いつまでもAll-in-oneVMだと面白くないので、自宅のcisco892JでもonepKでアクセスできるようにしました。乗り越えた課題は

onePKで遊ぶ(ルーティング取得)

https://aimless.jp/blog/archives/1852/ 2014-04-06
GAになったonePKで遊んでいます。見よう見まねでルーティング情報を取得するスクリプトを書いてみました。必要な情報を入手するために、SSH

ネットワーク運用でも継続的デリバリしたい。

https://aimless.jp/blog/archives/1815/ 2014-04-04
昔ながらの変更作業 SIerの中で、ネットワーク機器の運用受託業務をやっておりまして、毎日毎日、色々なお客様のスイッチやルータ、ファイアウォー

IOS XRv

https://aimless.jp/blog/archives/1796/ 2014-04-02
IOS XRvなんてのがリリースされていたんですね!Cisco IOS XRv Router Installation and Configuration Guide ESXi上へのデプロイは成功したのですが、vSPhere Clientの

IOS XRvにコンソール接続する

https://aimless.jp/blog/archives/1804/ 2014-04-02
IOS XRvの続きです。我が家のESXiではCiscoのドキュメントに記載された方法(ネットワーク越しの仮想コンソール接続)でIOS XRvのコン

onePKを使う準備

https://aimless.jp/blog/archives/1786/ 2014-03-31
onePKのGeneral Availabilityが目前の様なので、利用する際に何度も見そうなドキュメントのリンクを纏めておきます。現時点で